松本アイクリニック(松本眼科):茨城県龍ヶ崎市(眼科・眼医者)

健康ニュースタイトル

外傷とものもらいの方が増えています

2020.10.23

最近の傾向として、外傷と、ものもらいや結膜炎の方が多いようです。

外傷は、転倒、何かにぶつけた、スポーツでのけがなどが多いです。1日に数人いらっしゃることもあります。屋外での活動が増えているのでしょうか?お気を付けください。

また、まぶたが腫れる、痛いという方も多いです。ものもらいを繰り返す方は、まぶたの常在菌が多いと思われます。対策として、毎日の洗顔が大切です。お子さんでも3,4歳になったら自分で毎日、朝と夜に洗顔をするように教えてあげましょう。最初は上手にできなくても、習慣にすることが大切です。汗をたくさんかいた日や、汚れた日は水よりもぬるま湯で洗うとよいでしょう。思春期になると皮脂の分泌が増えますので、石鹸、洗顔フォームなどでの洗顔がよいでしょう。メイクをする方は1日の終わりにはしっかりと落としてください。高齢になると洗顔フォームを使用しなくなる方が多いです。目ヤニが多い方や繰り返す方は石鹸、洗顔フォームの使用をお勧めします。

まぶたのトラブルの多いかたや、ドライアイの方は、日ごろのお手入れが大切です。洗顔の時には軽くまぶたをマッサージするようにくるくると洗ってください。洗顔の前に、タオルなどで温めることも効果があります。あたためたタオル(お湯でしぼるか、電子レンジなどで)をビニール袋にいれて、乾いたタオルで包み、それを目の上にのせて10分くらいおくとよいでしょう。そのあとに洗顔をすると効果的です。市販されている目元用のカイロなども手軽です。ただし、痛みのある炎症のある方はその時期は控えてください。また、ご自分でタオルをあたためる場合、やけどにご注意ください。

 


 

ホームへ戻る   ニュース一覧

リンク集お問い合わせサイトご利用規約
リンク集お問い合わせサイトご利用規約
Copyright (c) 2020 MATSUMOTO EYE CLINIC All Rights Reserved. Web Produce by soundboard.